故人にあった葬儀の選び方。どんな人柄だったのか考えよう

これでわかる!葬儀 千葉についての豆知識

Google

故人にあった葬儀をあげるには生きている間にどんな葬儀がいいのか聞くのが1番。葬儀会社に故人の希望を伝えれば準備や見積もりを用意してくれる。

故人にあった葬儀の選び方。どんな人柄だったのか考えよう

現在は数え切れないほどたくさんの葬儀が現れています。

葬儀会社も困惑するほどですが、やはり故人にあった葬儀を選びたいですよね。

故人にぴったりな葬儀をあげるにはどうすればいいのか、まとめてみました。

▽生きている間に故人から希望を聞いておく

「どんな葬儀がいい?」と聞きにくいですよね。

どれだけその場が明るいものでも、あまり積極的には話せない内容です。

なるべく、自ら「私の葬儀はこんな感じにして!」と明るく伝えておくようにしましょう。

もし相手が言わないのなら、それとなく「自分の葬儀、どんなのがいいとかあるの?」と軽く聞いてみるのも良いですよ。

故人の希望を聞いておけば、間違いはないです。

▽葬儀会社にどのような葬儀がいいのか話しておく

臨終後、葬儀会社に依頼し手配して貰います。

その際に、どのような葬儀がいいのかを聞かれるので話しておきましょう。

現在は斎場を借りずに自宅で葬儀を行う方や家族のみで葬儀を行うところが増えています。

ある程度のことなら葬儀会社も驚かず聞き入れてくれます。

葬儀会社が希望の葬儀にあった準備や見積もりを用意してくれますよ。

▽困った時はどんな人だったか思いだそう

「希望を聞きそびれた」「どんな葬儀がいいか全く思い付かない」

そんな時は、故人がどんな方だったのか思い出してください。

きっと「あの人ならこんな葬儀にしてって言うだろうな」と考えがまとまるはずです。

故人を1番知る方に聞くのも良いですね。

故人の最も身近な存在である家族や友人などと相談するのもありです。

故人が喜ぶ最高の葬儀で見送ってあげましょう。

記事RANKING

MENU

Copyright (C) www.worldwide-river-cruise.com. All Rights Reserved.